FC2ブログ

サルデーニャからの贈り物

サルデーニャ島のイオニア海側の小さな町ヴィッラグランデ・ストリザーイリの知り合いから贈り物が届きました。
villagrande.jpg

標高750m、南イタリアですが冬は結構寒くなります。
伝統的に産業は羊と豚。とにかくよく肉とチーズを食べる地域ですが、男性の長寿村として有名です。
この贈り物をくれた人の伯父さんは羊の放牧を生業としていて、子羊だと一人で丸ごと食べちゃうそうで、「そんなの当たり前だ」とのこと。

さて、贈り物はこちら。

ロンザ(LONZA)

中部イタリアから南では豚の首から肩にかけての部位を使ったサラミのことです。同じ名前でも北イタリアではロースを指します。
骨を取り去って塩を揉み込んで丸め、最低60日置いておきます。
おいしそうでしょ?おいしかったです。

スライスしたところ。
02pancetta.jpg
このロンザは60日きっかり。生ハムのように生に近いサラミです。山の中の寒い地方だからできるサラミです。

ピストック(PISTOCCU)
03pistoccu.jpg
サルデーニャ語は男性名詞の語尾がUで終わるのが特徴で、このパンも。
サルデーニャ全土でアラブのピタパンに似た、薄いパン、「パーネカラサウ(これもUで終わってる)」を食べます。サルデーニャっ子は普通のパンではなくこちらのパンを好みます。

ピストックのアップ
04pistoccu.jpg
パーネカラサウではなく別の名前で呼ぶにはわけがあって、パーネカラサウと若干作り方が違うのです。
名前のピストックピスはイタリア語のBIS再び、トックはイタリア語のCOTTO焼いた、つまり再び焼いた、という意味の名前がついています。
一度焼きあがったら、熱いうちに円盤を上下に分ける感じに二枚にし、冷ましてからもう一度焼きます。
これで、かなり日持ちするパンの出来上がりです。
セモリナとジャガイモを茹でてt潰したものを半々でこねます。健康にもいい感じ。

ヴィッラグランデ・ストリザーイリの人たちは、これに水をじゃぶじゃぶかけて10分位放置し、柔らかくなったところで羊のチーズとサラミをふんだんに巻き込んで食べるのを楽しみにしてます。



お菓子

05pan.jpg
名前を聞くのを忘れました。
干しぶどうとクルミがたっぷり詰まった若干固めのお菓子です。ドーナツ状に焼いた上に白砂糖を溶かしたものをかけて冷まします。
とっても可憐に仕上がってますね。

切ったところ
06pan.jpg
デザート用赤ワインとよく合います。

ごちそうさまでした。



↓イタリアで人気のシェフが地方を回って土地の料理を紹介する番組のヴィッラグランデ・ストリザーイリ版のYoutube。
UNTI E BIUNTI
ピストックを作るところ、豚の前足の生ハム、ウジ虫チーズ、ミルクを飲んでる子羊の胃をそのまま置いてチーズにしたもの(以上二つはEUで禁止された)、羊の臓物を腸で巻き込んで炭火焼きにしたもの、サルデーニャのニョッキなどなど、この地方の特産品ばかり。よだれが止まらない。
(なお、再生するとパスできない45秒の広告があります)
関連記事

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

midoroma

Author:midoroma
中年からでもできるよね、夢の実現。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR