FC2ブログ

アマルフィ海岸 Maioriのホテル

エメラルドの洞窟見学とヴィエトリで陶器購入というミッションのために出発したアマルフィ海岸線行き。

陶器購入のミッションを終え、とりあえずホテルへ向かう。
ホテルはホテルじゃなくてレシでンス。台所付きのミニアパートで長期滞在に向いている。
Residence Hotel Panoramic

チェルベトリとアマルフィの間にある小さな町、マイオーリに向かう。
ここもアマルフィ海岸線の一部だから、道は↓これもんなのだ。
P1050616.jpg


それでも建物が!
このへんに住む人は、車をびっちり建物や崖やガードレールにくっつけて駐車する術を習得する、と見た。
P1050619.jpg

ところどころにビューポイントがあり、車を停めるスペースを設けている。
すると、人が渡る、だの、この先道が狭くなる、だのの表示が必須。
P1050617.jpg

制限20キロの表示の上の断崖にレモン畑が見える。このへんはどこもかしこもレモンの栽培が盛ん。
皮が厚く、大きめのアマルフィ・レモンだ。皮の香りが凄くいい。リモンチェッロはこのレモンで作るのがベター。
P1050620.jpg

はい、右へ…
P1050624.jpg

そして左へ…
この左のカーブはすごく急。イタリア語では「肘のカーブ」という言い方をする。腕を持ち上げて肘を曲げてできるカーブと同じくらい急ということで。
P1050625.jpg


レシデンス
普通のアパートみたいな建物。
P1050627.jpg

入り口
陶器の町はヴィエトリだけでなく、この海岸線のどこの町でも実は作っている。
それにふさわしく、ロビーの床は陶器だ。
P1050649.jpg

アパート
リビング・キッチン。
ソファは開けてベッドになる。舅はここで寝る。
P1050628.jpg

寝室
「見晴らしの良い部屋」と頼んだので海に面したアパートで、ベランダがついている。
P1050629.jpg

海好きのダンナと舅は「部屋から海を眺める」という夢の実現に「これが自分の家だったら」とあれこれ妄想をする。
P1050631.jpg

ベランダからの眺め。
海に面してるとはいえ、道一本奥まっているので上の方でないと海が見えない。
夏は家族の滞在者がいっぱいでさぞかし騒々しいだろうね。
P1050634.jpg


夜景
P1050642.jpg

夜になったから夕食。
街を歩いて見たけれど、人通りが少なく、レストランも開いてはいたけど冷たい風が吹いてきて今ひとつ気分が乗らないので、ピッツァを買ってアパートで食べることにした。

カンパーニャ州だから、ナポリ式のピッツァだ。
「額縁」があり、カラッと焼き上げて台が香ばしい。

私は、ローマでは「ナポリ」といい、ナポリでは「ローマ」というマルガリータにアンチョビを乗せたピッツァ。(ここではローマ
P1050639.jpg

ダンナは「マリナーラ」。「海の」という名を持ちながら海とは関係ないニンニクとオリガノとトマトのトッピングが謎のピッツァだ。
P1050640.jpg

舅はピッツァの基本、「マルガリータ」。
P1050641.jpg

後は、今日の行程のジグザグや、レモン畑や、海の話をして、ちょっとテレビを見て、明日に備えて寝るのみだ。



トロナ バジルの香り マルゲリータピッツァ 165g 10個セット 冷凍トロナ バジルの香り マルゲリータピッツァ 165g 10個セット 冷凍
()
トロナ

商品詳細を見る

MCC ナポリ風ピッツァクラスト 9インチ 150g 冷凍MCC ナポリ風ピッツァクラスト 9インチ 150g 冷凍
()
MCC

商品詳細を見る


イタリア旅行 ブログランキングへ
関連記事

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

Re:アマルフィ

> アマルフィって名前だけで行きたくなる地名だわ。

いつ行ってもきれいだし。

アマルフィって名前だけで行きたくなる地名だわ。
プロフィール

midoroma

Author:midoroma
中年からでもできるよね、夢の実現。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR