FC2ブログ

命日のお墓参り

27日は姑の命日。
先月はパスしてしまったお墓参りを2日遅れで決行した。

ダンナがローマ市内をあちこち回る用事があったので、そのついでにローマ市内にある墓にお参りすることにした。ローマ市内を用事で廻る、ということは駐車場問題が付きまとうのでスクーターでの移動になる。
つまりは息子はお留守番。
こういう行事に参加させないでいいのかなとちょっと思う。

P1060115.jpg
バラの花束は造花でいつでもある。
私達は真ん中の花束を墓地にたくさんある花屋さんで買った。
一つ4€の花束2つで5ユーロにしてよ、と値切るダンナ。イタリア人だね。
6€で勘弁してよと花屋さん。負けてくれる。


団地式のお墓。
今回は二人だけなので、ダンナは心置きなく亡き母と心で会話した。
P1060117.jpg
今までは姑の同居人と一緒に来ていた。
51年の人生を一緒に過ごした人を失くした同居人の悲しみは深く、一緒に来るたびにこの小さなお墓の前に陣取って泣くので、ダンナは母を亡くした息子として十分に会話をする機会を与えられなかった。
まぁ、いろいろあってこの同居人とは疎遠になったので二人だけで気軽に来た。


団地がたくさん。
P1060118.jpg
とりあえず心でのご挨拶のお参りが終わると、ついつい周りの墓標をいろいろ見てしまう。
長生きした人、若くして亡くなった人、100年前の人、最近の人…
人はいずれこの世を去るのだ…と否応なくわからせてくれる。


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

趣味  レゴの世界

ヴェローナに住む甥っ子はレゴが趣味だ。

家の階下のホビールームに街を建設中。

P1060077.jpg

P1060078.jpg

P1060079.jpg

P1060080.jpg

息子の誕生日

た ん じ ょ う び
P1050505.jpg

息子の誕生日のたびに、時間が過ぎるのは早いと感慨深くなる。
手のひらに乗った子が、こんなに大きくなったよ。

なんだかんだ言って、お祝いと食べることは結びつく。
昨夜は大急ぎで誕生日の日に外食でお祝いした。

今日は、家でゆっくり食事。

食べるものを振る舞う、というのは生物にとって大事な大事な「食べるもの」を与えるという聖なる行為なのだ。「あんたを大事にしている」という最高の表現になるのだ。

92歳の舅が朝から手間暇かけて作ってくれたラビオリ
P1050501.jpg

中身はほうれん草とリコッタチーズ
P1050502.jpg

バースデーケーキも舅作。
07torta2.jpg
台は出来合いだけど、チョコレートクリームと卵クリームを作って果物で飾り付け。

2歳???
P1050503.jpg

スプマンテを開けるのはもはや息子の役目。
P1050506.jpg

かんぱ〜いい!
P1050508.jpg
P1050509.jpg

贈り物のひとつ。
お金はかけてないけど時間と愛情をたっぷりつかいました。
P1050511.jpg


これから自分の人生を生きるために、形作るために、社会の荒波にもまれ始めるのだろう。
もまれて潰れない「男」になっただろうか…


犬達は食事中はいつもテーブルの下。
P1050512.jpg


テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

ベファーナのお祭 

1月6日は古くからベファーナのお祭。ベファーナという魔法使いのおばあさんがいい子には飴を悪い子には隅を暖炉に下げた靴下に入れて行く。
近年では飴の代わりにプレゼント。イタリアの子はクリスマスとベファーナにプレゼントがもらえるのだ。
親は大変だね。
尤も、日本でもクリスマスにプレゼント、お正月にお年玉と大変だけど。

この祭日でクリスマスから始まったバカンス、冬のお祭が終わり、復活祭まで祭日が無い。

締めくくりのお祭りで、お祭りとなれば… 食べる。


今回は舅が皮から作ったラザーニャ。
パスタは自家製だと味が違う。
P1050328.jpg

舅、ベローナの甥、居候のケビン君と総勢6人のお昼でした。
P1050329.jpg

クリスマスから大晦日を挟んで元旦、ベファーナと日本のお正月休みと重なるわけで、忘年会みたいに友達と集まる機会も増える。
友人たちとはなにか持ち寄ったりするけれど、いつも台所でなにかしていることになる。

ワイワイと大人数で食事ができるのは楽しい。
だけど、お絵かきが趣味の身にはそういう時間が取れなくて、頭の何処かでちょっと煩わしいという思いがあることも否めない。

だけどたった一人でこうした祭日を過ごさなくちゃいけないとしたら寂しいだろうな、ということもよくわかってる。

趣味に割く時間が取れるときには、集中してそれに向かえばいいだけなのだ。

お墓参り

義理の妹が北イタリアの住まいからちょこっと里帰りをしたのを機会に何年かぶりでダンナの祖父母の墓参りをした。
イタリアのお墓は市が運営していて、30年毎に更新が必要だ。
ローマの北の方にPrima Portaという巨大な墓地があって、祖父母はそこに埋葬されている。一般人はアパート形式のお墓で棺桶を入れたあと大理石で墓標を作ってフタをする。
P1050036.jpg
長いこと誰も来ていないので墓標周りはゴミだらけ。

父親が亡くなった時の年齢に近づいている舅(舅は91歳、その父は92歳で亡くなった)が父親の墓を掃除する。
P1050037.jpg
『父親』と『おじいちゃん』の姿しか知らない舅が『息子』になっていた。

子供の頃一緒に住んでいた孫達も掃除。
P1050038.jpg

義妹が造花の鉢の中にキノコを見つけた。おじいちゃんはキノコが好物だったと、取らずにそのままにした。
P1050039.jpg

恰幅がよく、美食家だったおじいちゃん。
P1050040.jpg

侯爵の称号を持っていたエレガントだったおばあちゃん。
P1050041.jpg

侯爵の末裔だったことがご自慢だった舅の姉。
P1050042.jpg
この人の夫は同じ墓地に埋葬されているが、彼女は両親と一緒の墓に入りたがったのでここにいいるとのこと。
キリスト教的に言えば「死が二人を分かつまで」の契約なので死後は自由なのだろう。舅の後妻も故郷の南イタリアの自分の家族の墓に入ることを希望していて、そうなった。結婚したら「家」に入るという伝統を持つ日本で育った私には奇異に映る。
このお墓参りも、ダンナの親族の墓参りなのでダンナは親切に私に用事があるなら来なくてもいいと言っていた。私は自分でも以外だったほどに「お前はうちの親族ではない」という意味を感じてしまって疎外された感じを持った。こういう自分では当たり前で意識しないメンタリティが出てくると私は外国人なんだなぁ、とつくづく感じてしまう。そして相手を理解できない感も。


綺麗になったお墓を撮影。
P1050044.jpg

綺麗になったお墓
P1050045.jpg
もう一つ真鍮製の花器があったはずなのだけど盗られていた。
真ん中の灯は電線が切られていて電気代を払えとのお達しの紙があった。ここに埋葬されている舅の姉の娘が管理してるはずなので、何も様子を見てない!と舅が憤慨した。


ちなみにここはこの三人分で一杯。おじいちゃんとおばあちゃんの遺体を荼毘にして小さくすれば場所が空くけれど、荼毘は新しい習慣だから遺族が納得するかは不明。

訪問したお墓がある通り。
P1050047.jpg

十字架群の向こうの団地のようなものもお墓。
P1050046.jpg


鎮魂

人気ブログランキングバナー イタリア

イタリア(海外生活・情報) ブログランキングへ
プロフィール

midoroma

Author:midoroma
中年からでもできるよね、夢の実現。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR