FC2ブログ

プチ断食の決行、結構!!

下腹が出てきているのは気がついていた。
中年太り、とのんきに構えていたけれど…
pancia1.jpg
(ローマの北130キロほどのビテルボでのワークショップ風景)

こ、これはまずいでしょ。

ミシュラン化が達成しつつある。
pancia2.jpg

横から見ても、前から見てもサイズが同じ。
pancia3.jpg

中年に(熟年か)になって脂肪が燃えにくくなり、貯まる一方と言うのはわかる。
コレステロール値が高い傾向にあるのでオメガ3を飲んだり、炭水化物の摂取を減らしてみたりして、コレステロール値が正常になって安心していた。
今まで食事制限は主に健康目的でやっていた。
でも、今度は美容目的で何とかしたい!とこの写真を見て強く思った。

加齢で脂肪燃焼が起きにくくなる、ということの他に、姿勢の悪さも影響することが「下腹」「ぽっこり」で検索して分かった。
daiyoukin-thumbnail2.jpg
大腰筋が弱くなり、内臓を支えきれなくて胃腸がぽっこり、どってり前に出てしまう。猫背の姿勢は筋力を弱めるのに一役買ってしまう。

この絵はまさに私の体型そのもの!!!
大腰筋が衰えるとお腹ぽっこり)

お腹ぽっこりは骨盤が傾き、ネコ背になり、腰痛や肩こりも誘発するとのこと。

検索していくと「プチ断食」にも行き当たった。
週末の三日間を使って、プチ断食をする。
内臓を休ませることにより、胃腸の調子を本調子に戻す。普段溜め込んでいる老廃物を外に出し、体内の細胞の生まれ変わりが活性化され、体も心もスッキリ。
私の場合は、週末は舅が来るので断食するわけに行かず、週始め断食にする。

つまり、
1)大腰筋を鍛えるストレッチ
2)プチ断食で新陳代謝をアッップ、便秘解消、脂肪燃焼、を狙う
この二本立てをやってみることにした。

早速「正しいやり方」に従って、昨夜の夕食はいつもの半分(以下)の量でやめておいた。
本日は断食の日。水分を十分に取り、固形物は食べない。どうしてもお腹が空いたらヨーグルト。

朝食はいつも飲む麦芽飲料のみ。ただいま12時37分。特に空腹で困っていない。
エネルギーは十分に体内にあるし。

食べるの好き、しかも、満腹感を得たい方なので、どうしても食べ過ぎてしまう。
還暦過ぎて胃腸の消化能力に衰えが出始めて、モタれることが多いのを感じていた。ただでさえ胃の入り口が炎症を起こしやすくなって、空腹時に胸の奥がぐーーーーーーんと鈍痛が起こることがよくあるのだった。
こうした炎症からの回復にも胃腸を休めるのはいいことかも。

夕食時の空腹とどう戦うか。今のところ、それが問題だ。トマトジュースでも飲もうかな?



--------
追記
13:00
奥は息子の昼食の鯖をトマトで煮たソースと和えたパスタ。手前は私の昼食のヨーグルト。
pranzo.jpg

これだけで空腹を感じていない。日頃、習慣で食べてるだけなんだなと実感してるとこです。

------
追記2
夕食もヨーグルトと水のみ。
午後7時頃、若干の空腹を感じたけど我慢できる程度。いかに今まで必要以上に食べていたかを痛感。

就寝後、午前3時頃に胸の奥の痛み。これ、いつもの幽門の炎症のせい。ちょっとじたばたして過ぎるのを待つ。
食べ過ぎの習慣を改善し、胃腸の調子が整ったら幽門の炎症からも開放されるかも。

7月中は毎週月曜日にプチ断食をすることにした。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

プロフィール

midoroma

Author:midoroma
中年からでもできるよね、夢の実現。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR